薄毛にお困りの男性必見!まずは自毛植毛の基本知識を知ろう

髭を剃る男性

自毛植毛をした後のケア

髪の毛の生え際が気になり、鏡を見るのがとても憂鬱…。そんな人はいないでしょうか。その悩みを解決する手段として、自毛植毛という方法があります。自毛植毛とは、簡単にいうと自分の髪の毛が豊かな部分から、髪の毛が薄い部分へと移植することです。
具体的な方法は、まず後頭部や側頭部から移植するための髪の毛を毛穴から採取します。次に毛を移植したい部分の頭皮にメスで小さな穴を開けます。頭皮に穴を開ける方法は3種類あり、メスを使用する方法をストリップ法と呼び、人の手で毛穴から髪の毛を採取する方法をFUE法と呼びます。ロボットが行うARTUS法もあります。メスで穴を開けるなんて痛くないの?と思われる方もいるかもしれませんが治療中は麻酔をかけているため、痛みはほとんどありません。そして採取した毛を移植したい部分に移植すれば終わりです。
移植した後のアフターケアも大切です。移植した髪の毛をしっかりと移植させたい部分に定着させないといけません。しっかり定着させないと、せっかく移植したのに抜けてしまうからです。手術したその日は洗わず1週間は水で濡らすだけにすると、定着率はアップします。髪の毛が痒くなるかもしれませんが、痒みを我慢しないで掻くと、定着率がダウンしてしまいます。
2週間経てば傷もふさがり、いつも通りに洗髪できるようになります。目安としての2週間なので、それまではなるべく頭部を触らないようにしましょう。

自毛植毛をした後のケア

髪の毛の生え際が気になり、鏡を見るのがとても憂鬱…。そんな人はいないでしょうか。その悩みを解決する手段として、自毛植毛という方法があり…

自毛植毛と薄毛のタイプ

自毛植毛とは、薄毛に悩んでいる方が自分の毛をできるだけ活かした状態で薄毛の治療に取り組むことができる方法です。男性の薄毛のタイプとして…

自毛植毛という手段を選ぶ

薄毛治療の中でも髪の毛を移植することを考えた場合には大きく分けて二つの方法があります。一つは自分の頭に生えている自分の髪の毛を活かして…

自毛植毛の回数とは

長い年月をかけて様々な薄毛対策方法を試している人も多くいます。自毛植毛の場合は、移植した自分の髪の毛を大切に育てていくという考え方が根…

メニュー